更年期障害・・・ホットフラッシュでお困りの方に朗報! ご自宅でもケアしてみませんか!?

春は三寒四温と言いますが、陽気が安定しませんね~ 。 雪が降ったかと思えば、半袖でも良い陽気に一転したり 昼はポカポカでも、朝晩はまだ冷える日があるなど。

しかし体の中は、どんなに気候が変化しても、ホメオスタシス機能が

はたらいているので体内環境を一定に保つことが出来るようになっています。

この働きを行っているのが自律神経です。

自律神経の役割

自律神経がフル回転のこの季節は、妙にだるい、ふわふわする、人によっては眩暈(めまい)がする~と言う方が多いようです。

似たよう症状として、女性特有の不調のとして『更年期障害』があります。

更年期障害の原因は、ホルモンバランスの不調です。 このバランスを整えるために働いているもの、自律神経です。

更年期障害

春の気候による不調も、更年期障害も、 その原因は自律神経の不調なので、症状が似ています。

実は、私自身もホットフラッシュで困ることが度々あります~。

時、場所を選ばずに突然にホットフラッシュが始まってしまうので 急に汗が諾々とでてしまい困った経験がある方も多いのではないかと 思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこで、ホットフラッシュのケアについて、自分の体で試してみて効果があり、 患者様にも施術を行い効果がありました。 この内容は医学的な根拠には残念ながら乏しいのですが、臨床の現場で効果が 確認できているのでご紹介させて頂こうと思います。

↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

それは、背骨の椎骨8番へのアプローチです。

(画像参照ください)

私は、その方に合わせて鍼・灸を行います。 セルフケアでは、左右の肩甲骨の最下の中間部位あたりがほぼ背骨の椎骨8番 です。

胸椎8番

セルフケアでは、そこに、手を当てると良いでしょう。

いわゆる『手当(てあて)』と言われる方法です。

ホットフラッシュ出現中は、この部位に冷感が現れるようです。

ご自分でケアできる場所だと思いますが、セルフケアが難しいようでしたら パートナーやご家族に手伝ってもらうと良いかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうぞお試しください!


最新